占術紹介

◆「姓名判断」

◎こんな方へおすすめ

・一生におけるバイオリズムが知りたい人
・結婚、土地家屋等の購入、引越し、転職、独立開業等、人生における
一大勝負のタイミングを知りたい人
・自分の「強み」がわかるので努力の方向性が出されます。
・自分の性格の短所と長所がわかります。
・改名により、全く新しい望む人生が歩めます。

生年月日と名前の画数と名前の音を融合させた占いで、
正にその人の存在の全てがこの占いに表されます。
過去、現在、未来の運勢が正確に割り出す事が出来、
人生の転機がわかります。

特に性格、身辺的状況、社会的状況、男女の相性等を知る上で
この占いをベースにする事をお薦めします。そして姓名判断は
一生がわかる大きな運勢を観ていく占いなので人生上の大きな
決断となる、結婚、土地家屋等の購入、引越し、転職、独立開業等
に関して吉になる年を知る事が出来るのです。

◆「九星気学占い」

◎こんな方へおすすめ

・近年の運勢傾向が詳細に分かります。
・運命の人との出会いの年、月、相手の年齢がわかります。
・本年においてのテーマ、上手くいく理由、上手くいかない理由をそれぞれ明かします。
・欲しい運を吉方位旅行により補充出来ます。
・九星気学占いは、動きの占い、今計画している引越し、旅行等の吉凶がわかります。

生年月日を使うメイド イン ジャパン の占いです。姓名判断が一生上の大まかな
運勢を把握出来るのに対して、九星気学占いは中期的に観ていくのに優れた占いです。
近年(2~3年)の具体的な運勢傾向を読み取るのは1番の占術で特に1年以内を観て
いくのは無類の強さを発揮します。九星気学は2種類から成り立ち、運勢学の面と方位学
の面です。

上記で説明したのは運勢学の面ですが、もう一つの九星気学の柱である方位学の面も
この占術の魅力となります。この方位学の面が、自ら積極的に動くことによって運を変える
事が出来ることにあり、この点が数ある占いの中でも、開運法としての側面が強い占いと
して九星気学は世の中に広まりました。

◆「タロット占い」

◎こんな方へおすすめ

・気になる人の心の中を見たい。
・人生において選択の決断に迫られた、Aを選んだらどうなる?、Bは?、Cは?
・職場における自分の近未来は?恋人との近未来は?
・良い話が来た、この話に乗ったら自分はどうなるのか?
こんな疑問にお答えします。

刻々と移り変わる人の心を確実にとらえて、自分自身の生き方や、今ある最善の行動を
わかりやすく示してくれる素晴らしい占いです。3ヶ月以内における近未来がはっきりわかる
占いです。置かれている状況、そして心模様も細部まで分かり、「ここまでわかるのか!?」
とあなたもきっと衝撃を受けるはずです。

心、気持ち、精神状態が運勢を形成している事がこの占いを受ける事により実感出来ます。
要はこの占いのポイントは、心をどう扱うのか、そして心とどう付き合っていくのか。
心が変われば人生が変わる、その事実に気付かされます。

◆「手相占い」

◎こんな方へおすすめ

・手相における才能発見
・自分でも気づいていない、意外な自分の本当の性格
・手相が示す人生におけるターニングポイントの年歳
・知って活かすための自分の運命傾向

手相では、左手で先天運、右手で後天運を観ていきます。左右が全く同じ手相の人は
いませんので、その違いを観ることも重要です。そして面白いのは、その人の努力や
生き方によって手相もどんどん変わっていくことです。自分の今の手相を正しく知る事により
良い手相にどんどん変えていきましょう。

◆「名刺相占い」

◎こんな方へおすすめ

・会社の社運を観ていきます
・会社における自分の位置関係
・名刺相における自分の仕事の特性、役割
・吉相名刺を知る事による仕事運アップ

名刺相はその人の社会での働きの全てが凝縮されています。
社会的存在の全てが表れているのが名刺相なのです。
吉相名刺と凶相名刺について詳しく観ていきます。
特にポイントは名前、社名、肩書、ロゴ、書体です。

◆「印相占い」

◎こんな方へおすすめ

・今使用している印鑑は吉なのか凶なのか
・本当の吉相印鑑について
・印鑑開運法の紹介

日本は印鑑社会と言われ、印鑑を押すことによって契約が行われたりします。
正に人生が印鑑によって決まると言ってもも過言ではありません。それ故、凶相の
印鑑を持っていては、開運出来ません。印鑑は持ち主の運気をそのまま表します。
例えば、三文判を使っている人は、自然と交際も運の弱い人たちと出会う事になり、
苦労の多い三文判のような安物の人生になってしまいます。一方、いい印鑑を持って
いる人は自然と運の強い幸運な人たちと次々に会う事になり、 運のいい吉相印鑑の
ような人生になっていきます。

投稿日:2011年4月10日 更新日:

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です